SKE48、宮澤佐江卒業コンサートで松井珠理奈から「SKE48ピンチ」と弱気発言も

2016.3.7 16:34

SKE48、宮澤佐江卒業コンサートで松井珠理奈から「SKE48ピンチ」と弱気発言もサムネイル画像

4日名古屋、日本ガイシホールでSKE48「みんな、泣くんじゃねえぞ。宮澤佐江卒業コンサートが行われた。

3月いっぱいでSKE48を卒業する宮澤佐江の卒業コンサートに平日にもかかわらず8000人のファンが集まった。今日のコンサートは宮澤佐江自身が演出や衣装選びから関わり、メンバーも宮澤を全力で送り出すまさにSKE48宮澤佐江の軌跡を残す卒業コンサートになった。

オープニングはステージ中央に宮澤佐江がソロで歌う「奇跡は間に合わない」からスタート。スタートから「佐江コール!!」に包まれた。その後も「コケティッシュ渋滞中」「ごめんねSUMMER」「バンザイVenus」などシングルヒット曲メドレーで会場は盛り上がった。MCでは宮澤佐江が所属するチームSのメンバーとの思い出話やメンバーが撮影した宮澤を撮影したお宝ショットの公開でファンを楽しませた。

中盤は宮澤佐江とメンバーによるユニット曲コーナー 宮澤佐江の代名詞”ダンス”パートで盛り上げた。ユニットコーナーでは宮澤佐江を姉と慕う北川綾巴と「狼とプライド」を歌唱。事前に泣いてしまうかもと話していた北川だったが最後まで笑顔で歌い終えた。ダンスパートではSKE48とAKB48のダンス曲メドレーで盛り上げた。

最後は3月30日発売の新曲「チキンLINE」から「パレオはエメラルド」「オキドキ」「今日までのこと、これからのこと」人気曲のオンパレードで本編は終了した。

アンコールは、宮澤のイメージカラーである黄色とブルー2色のスティクライトで会場が照らされ、『アイシテラブル!』『1!2!3!4! ヨロシク!』でスタート。ファンからのサイリウムのサプライズに宮澤はとうとう涙を見せるシーンも。卒業セレモニーでは10年間の奇跡映像が映し出され、会場は一転してお別れのムードに。3月30日リリースのSKE48最新シングルに収録される宮澤の卒業ソング『旅の途中』を初披露。

続いて卒業スピーチでは、ファン・スタッフ・家族、メンバーへの感謝の気持ちと「見てくれている人は必ずどこかにいる」というメンバーへのメッセージを残してスピーチを終えた。ラストは本人が大好きな曲だという『約束よ』を全員で歌唱。花道に列ぶメンバーひとりひとりに宮澤が声をかけ、抱き合いながらお別れの挨拶をし、宮澤との別れを惜しんだ。

最後にメンバーから「佐江ちゃん、SKE48に来てくれて本当にありがとう」と声をかけると、宮澤は大粒の涙を流し、それでも最後は宮澤らしい元気な笑顔で「SKE48のみんな愛してます。ファンのみなさん大好き。ありがとう」と言葉を掛け、ステージを後にした。

宮澤がステージを去ると、松井珠理奈が「佐江ちゃんにはいろんなことを教えてもらい、本当にいい方向にSKE48が変わっていったと感じているます。正直これから不安だなという気持ちがあります。佐江ちゃんだけじゃなく、SKE48はいろんなメンバーが卒業していったので、その現実を受け止めなきゃなって思います。今、すごくSKE48ピンチだな」と弱気な発言をするとファンから”俺たちがついているぞ”と激励が会場から沸き起こった。

ファンからの激励に「私たちに出来ることはこれからもみんなで一生懸命に力を合わせて頑張っていくことしか出来ないと思いますし、これからは何があっても崩れることのない SKE48 を創っていきたいと思いますので、みなさん、これからも私たちに力を貸して下さい。よろしくお願いします。」と今後の意気込みを伝え、ラスト「仲間の歌」でライブが終了した。

また宮澤卒業後の新体制も発表され、新生SKE48の門出ともとれる1日は幕を閉じた。

関連画像