SKE48、宮澤佐江卒業コンサートを久々の地元日本ガイシホールで開催

2016.3.4 18:33

SKE48、宮澤佐江卒業コンサートを久々の地元日本ガイシホールで開催サムネイル画像

3年ぶりのガイシホールのライブで8000人のファンが見守る中、アンコールを含め32曲を披露した。

宮澤佐江の卒業コンサートということもありファンの歓声にパフォーマンスで全力で答えた。MCでは宮澤佐江がリハーサルから涙ぐんでいた裏話で盛り上がるなど、ほのぼのとしたムードのなかライブがスタートした。

中盤では3月30日にリリースする最新シングル『チキンLINE』のカップリング収録曲を披露した。

チームSの『彼女がいる』では矢方美紀、『キスポジション』では7期生の小畑優奈、チームE『Is that your secret?』ではドラフト1期の高寺沙菜と異例の大抜となったセンター発表で会場を沸かせた。

またSKE48 オフィシャルゲーム「SKE48 Passion For You」の選抜メンバーによる『望遠鏡のない天文台』でも大矢真那、AKB48 最新シングル『君はメロディー』(TypeA)に収録されているSKE48 楽曲『Gonna Jump』も7期生の後藤楽々というセンター大抜擢で会場を盛り上げた。

また、宮澤佐江と共に、今月末で卒業することを発表している山下ゆかりも、2年連続でSKE48 リクエストアワー2冠を制した『虫のバラード』を渾身の?で歌い上げ、会場の声援とメンバーからエールで目を潤ませた。

終盤では、SKE48代表曲「オキドキ」や「1!2!3!4! ヨロシク!」で会場の盛り上がりもピークに達し、本編が終了した。

アンコールでは新曲「チキンLINE」のフルバージョンを初選抜となった菅原茉椰を含む17 名でパワフルなダンスパフォーマンスを初披露した。

アンコール後には、昨年大盛況を博したミュージカル『AKB49~~恋愛禁止条例~』SKE48 単独公演の再演のサプライズ発表もあり、ダブル主役に選ばれた柴田とヒロインの惣田は感激の涙を見せた。

最後に明日のコンサートに向けて、宮澤から「いよいよ最後ですが、みんな。泣くんじゃねえぞ!」と意気込みを語った。

関連画像