アンタ山崎、相方・柴田との“大喧嘩”を振り返り「こっちからしたら…」

2020.3.19 6:20

アンタ山崎、相方・柴田との“大喧嘩”を振り返り「こっちからしたら…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

3月17日、テレビ朝日系『ロンドンハーツ』にアンタッチャブルの山崎弘也が出演し、相方・柴田英嗣との喧嘩を振り返った。

番組中、出演者から「若い時ないですか?柴田さんと大喧嘩は」と聞かれると、山崎は「すごいあれだったのよ…起きれなかったの」と発言。

続けて「ネタ見せみたいなのがあるわけよね。収録が例えば昼の12時ぐらいにあったとしたら、俺ずーっと起きなくて」「待てど暮らせど来ない。電話しても出ないみたいな」と、当時何時間も寝坊してしまったことを振り返った。

そして「とうとううちの相方も夜8時くらいなのかな…」「『多分死んでる』って。で、家に来て合鍵かなんかを誰かに大家さんに頼んだのか鍵開けて。ガチャンって入ってきて俺が寝てたわけよ」「死んでなかった。生きてるって思ってムカついちゃったのかな」と話し、柴田にいきなり胸ぐらを掴まれたと説明。「こっちからしたらいきなり胸ぐら掴まれてるから。頭きて『なんだよ!』みたいな」と話し笑いを誘った。

関連画像

関連記事