吉沢亮、衣装合わせで監督にされた“勘違い”とは?「その役のつもりで…」

2020.3.18 6:30

吉沢亮、衣装合わせで監督にされた“勘違い”とは?「その役のつもりで…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

3月16日深夜、フジテレビ系『映画「一度死んでみた」公開記念 一度見てほしいんデスSP』に吉沢亮が出演した。

番組では、3月20日に公開予定の映画『一度死んでみた』の出演者らが登場し、“反抗したことはあるか?”といった質問にそれぞれ回答する場面があった。

吉沢は衣装合わせでの出来事について切り出すと、その時の自身の役が不良役だったと説明。衣装を監督に見せる際に役に合わせてポケットに手を入れていたと話すも、「『最近の若い奴はポッケから手出さねえのかよ』って言われて」と監督からの言葉を振り返った。

続けて「なんかめっちゃイラっときて、その役のつもりで出てきてるのに、なんだこの人と思って。その衣装合わせ中1回もポケットから手を出さなかった」と話して周囲を笑わせたていた。

関連画像

関連記事