ももクロ・百田が、サイプレス上野とフリースタイルラップバトルするも結果は「泥試合」!?

2016.2.18 13:39

ももクロ・百田が、サイプレス上野とフリースタイルラップバトルするも結果は「泥試合」!?サムネイル画像

2月16日深夜に放送されたテレビ朝日系「ももクロchan」で、ももいろクローバーZの百田夏菜子が、ラッパーのサイプレス上野をメロメロにしてしまう場面があった。

この日番組で行われたのは「第3回っぽいキング決定戦」。これは、出されるお題に対して、一番正解「っぽい」答えを導いた人がキングに輝く戦いだ。そして、この日は前回に引き続き「フリースタイルラップバトルをそれっぽくやってください」というお題にチャレンジしたももクロのメンバーたち。審査員には、プロとして10年以上のキャリアを誇る、「サイプレス上野とロベルト吉野」のマイクロフォン担当・サイプレス上野と横浜発「LIFE EARTH」のフロントマン・NONKYという人気ラッパーの2人を迎えていた。

前回まで佐々木vs玉井、有安vs高城という対戦で行われていたこの戦い。最後に百田が残ったため、MCの東京03・飯塚が「上野さん、百田さんとバトルしてもらえますか?」と審査員であるサイプレス上野に百田との対戦を依頼。これにサイプレス上野は「いいですか?」と応じるも、百田は「何も知らない、さっき会ったばっかりの相手と?」と戸惑う様子を見せたが、サイプレス上野が「罵っちゃって全然平気だから」と百田を促し、バトルがスタートした。

いざ対戦が始まると、百田は「初対面」を「初登場」を言い間違えるなどボロボロ。そしてベテランのはずのサイプレス上野も百田相手に調子が出ないようで、「言わせてもらうぜ、ショートカットかわいいぜ。まるで口説きのよう。初対面の人にディスれる訳ねぇだろ」とラップしながらも、ビートにイマイチ乗り切れないままバトルは終了した。

この対戦について、東京03・飯塚が「上野さんが本調子じゃないっぽかった」と突っ込むと「いやー、やっぱりムズいっすね」と答えたサイプレス上野。初めての相手で、しかも初めてフリースタイルする人とっていうのも難しいし。ディスれないですね」と理由を説明するも、玉井から「だって最初の2小節くらい夏菜子に見とれてたもん」とさらに突っ込まれ、サイプレス上野も「見とれてた」と認めていた。

この様子を飯塚に「どうですか?こんな上野さん」と聞かれた審査員のNONKYは「泥試合ですね」とこの一戦を一刀両断した。

関連画像