稲垣吾郎、香取慎吾と共に草なぎ剛の主演舞台を観劇して驚いたこととは?「もう目が違った」

2020.3.6 10:00

稲垣吾郎、香取慎吾と共に草なぎ剛の主演舞台を観劇して驚いたこととは?「もう目が違った」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

3月4日放送の文化放送『編集長 稲垣吾郎』に出演した稲垣吾郎が、草なぎ剛の演技を絶賛する場面があった。

番組の中で、稲垣は、1月11日から2月2日まで神奈川芸術劇場で上演されていた草なぎ剛の主演舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』を観劇したことを明かした。なお、この舞台は、ヒトラーが独裁者として上り詰めていく過程をシカゴのギャングの世界に置き換えて描いた作品で、ファンクミュージックを散りばめた斬新な音楽劇となっている。

稲垣は「本当に素晴らしかったですね」「改めて俳優さんとして、尊敬できるなあと思いました」と切り出し、「今まででナンバーワンなんじゃないでしょうかね」「圧巻。すごい圧倒されましたね」と草なぎの演技を絶賛した。

さらに「刺激的で衝撃を受ける芝居でしたしね」「草なぎ剛が本当に色気ムンムンで。カッコよかったですし」と語り、「今までの草なぎくんのいろんな要素がギュッとここに詰まってる感じがしましたね」「この作品はやっぱりずーっとやり続けてもらいたいですね、彼の作品として、生涯」と語った。

また、稲垣は香取慎吾と共に、出番直前の草なぎに会う機会があったとして「もう目が違ったもんね」「でもなんか悪ノリし始めて。『吾郎さんも慎吾ちゃんも一緒に舞台出る?』とか言い始めて…」「この後すぐ舞台に出る人とは思えない感じで」と、笑い交じりに振り返っていた。

関連画像

関連記事