NAOTO(EXILE/三代目JSB)が、“寂しさを感じる時”について語る

2016.2.10 17:42

NAOTO(EXILE/三代目JSB)が、“寂しさを感じる時”について語るサムネイル画像

9日放送のフジテレビ系「バイキング」でEXILE/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのNAOTOが寂しさを感じる瞬間について語る場面があった。

番組では、榎並大二郎アナウンサーが独身のNAOTOに「寂しいと思う瞬間ってあります?」と聞いた。NAOTOはそれを否定し、「自分、グループで活動しているんで、基本大人数でいて、メシもグループで食べたりとか、飲みもグループで飲んでるんで…」と答えた。

その間、少し離れたところからNAOTOのことをじーっと見つめている坂上に「坂上さん、なんすか!何にもボロ出ませんよ!!」「何か出そうという…」と笑いながら坂上をけん制する。

NAOTOはそのままトークを続けて、「逆にひとりの時間が短いというか、だから寂しいと思わないですけど。唯一寂しいって思うのはバイキングで一人の仕事をさせていただくようになって、楽屋とかで一人っていうのはすごい寂しいですね。時間を持て余すっていうか」と話すと、周囲からは納得の声が上がる。

するとサンドイッチマンの伊達みきおが「じゃあ遊びに行くよ、今度」と声を掛けるとこの言葉に「そうですね」とNAOTOもうなずきながら「さっき誰も来ないって言ったんすけど俺、毎回遊びに行ってますけどね」と坂上の楽屋に行っていることを促す。

坂上も「NAOTOはオレの楽屋とかも来てくれる」と認め、「だったら今度みんなでNAOTOの楽屋に行けばいいじゃん」と提案すると、NAOTOも「ぜひ来てください!」と歓迎した表情を見せ、それを聞いたサンドイッチマンの富澤たけしも「そんな寂しがってると思わなかった」とすぐにでも楽屋に行きそうな雰囲気を出していた。

関連画像