菅田将暉、約17年前の木村拓哉とかぶってしまった“あること”に脱帽「背中見えねえな〜!」

2020.2.25 20:50

菅田将暉、約17年前の木村拓哉とかぶってしまった“あること”に脱帽「背中見えねえな〜!」サムネイル画像

菅田将暉

2月24日深夜に放送されたニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』に、菅田将暉が出演。さまざまな等身大フィギュアが展示されている体験型アトラクション『マダム・タッソー東京』に、自身のフィギュアが飾られたことを報告した。

番組内で、菅田は、約2年前にフィギュア制作のための撮影を行ったと説明。続けて、フィギュアのポーズについて、笑顔でピースをしながらしゃがむポーズを取ったと話し、その理由として「人と違うことが好きやんか?」と切り出し、「誰もやってないポーズとかってあったりするんですかねぇ?」「ピースしてる人います?」「めちゃめちゃ笑ってる人っていますか?」などと確認して、“他と被らない”という点を重視しつつ、撮影を進めたと話した。

また、その表情とポーズのまま1時間以上かけて撮影したとして「大変やったわ、本当に」と苦労を振り返った上で、このフィギュアの制作費について「2000万円かかってるんですって、アレ」「地元でマンション買えますからね」と驚きを覗かせた。

そして、菅田は「できたものを見てみると」「なんか見たことあるなコレ」と、既視感があったといい、「HEROの時のキムタクなんですよ」と、2001年に第1弾が放送されたフジテレビ系のドラマ『HERO』で木村拓哉が取っていたポーズだったと笑い声をあげた。

続けて菅田は「2018年に一番かっこいいなと思ったポーズをキムタクは2001年にやってたわけで」「背中見えねえな〜!」「本当にかっこ悪い」「作り直されへんかな!?」と少し後悔したようなコメントを残しながら、また大きな笑い声をあげていた。

関連画像

関連記事