千葉雄大、King Gnuが好きすぎてやってしまった“ある行動”明かす「カラオケ行ったら…」

2020.2.26 6:10

2月22日深夜放送のTBS系『COUNT DOWN TV』に、千葉雄大がVTR出演。ファンだというKing Gnuにまつわるエピソードを語った。

【別の記事】千葉雄大、“可愛すぎる顔”について聞かれ本音?「お金になる時も…」

VTRでは、King Gnuの新曲「どろん」が主題歌になっている映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』主演の千葉に対するインタビューが行われた。

この中で、King Gnuのファンだという千葉は、デビュー以来書いているブログでの締めの言葉が「どろん」であり、King Gnuの新曲のタイトルと同じだとして、「ファンとしては、やっぱり勝手に関連付けちゃう部分あるから」「“これ、ブログ読んでくれてるのかな?”みたいな」と笑いながら語った。

さらに、カラオケに行った際のエピソードとして「気持ち悪いと思われたら嫌なんですけど」「CDでは(「どろん」の)3分3秒の曲だったんです。だけど、カラオケ行ったら、3分9秒になってて」「僕、3月9日生まれなんですね。だから、え?と思って、思わず(その画面の)写メ撮って」などと語り、「そういうところは勝手にウキウキしちゃってます」とコメントしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100