国府弘子、60歳の還暦を記念したアニヴァーサリー・アルバム『ピアノ・パーティ』完成

2020.2.20 19:30

国府弘子、60歳の還暦を記念したアニヴァーサリー・アルバム『ピアノ・パーティ』完成サムネイル画像

国府弘子

数々の演奏経験を経て、その音色にますます深い感情をたたえ、ジャンルを超越した共演者からの熱いラヴ・コールが絶えないオンリーワンのピアニスト・国府弘子が、60歳の還暦となる今年、アニヴァーサリー作品でもあり5年ぶりの新作となるアルバム『ピアノ・パーティ』を2月19日に発表した。

1987年にビクターJVCレーベルと契約しメジャー・デビュー。その後コンスタントにアルバム作品を発表し、これまでにリリースしたアルバム作品は23作品を誇る。24枚目の新作となる『ピアノ・パーティ』ではあうんの呼吸で「鉄壁のトリオ」と絶賛される国府弘子スペシャル・トリオ(八尋洋一(べース)、岩瀬立飛(ドラム)での王者のサウンドが中心となる。

クラシックやJ-POPの名曲もロックやジャズに変身させ、オリジナル曲では国府のメロディメイカーぶりが遺憾なく発揮されている。またゲスト・アーティストとして、タンゴを牽引するバンドネオン奏者の小松亮太、天使の声を持つディーヴァ露崎春女、唯一無二のヴァイオリニスト早稲田桜子が参加。絶妙なコラボレイションを国府が見事にプロデュースしている。

関連画像

関連記事

関連リンク