伊藤健太郎、昨年の日本アカデミー賞でのミス振り返る「恥ずかしいっていうより…」

2020.2.19 6:20

伊藤健太郎、昨年の日本アカデミー賞でのミス振り返る「恥ずかしいっていうより…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

2月17日深夜に放送されたニッポン放送の「伊藤健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」に、中川大志がゲスト出演し、伊藤健太郎とトークを展開した。

番組内では、中川のプロフィールを紹介する場面があり、昨年の日本アカデミー賞では伊藤と共に新人俳優賞を受賞したと紹介された。

これに中川は「ちょうど1年くらい経つけども、一緒にレッドカーペット歩いて」「健太郎さんがもうね、やらかしましたから」と、伊藤が昨年の日本アカデミー賞の授賞式でミスをしたのだと話し始めた。

中川は「緊張感あるあの空気、大先輩の中」「トップバッターで登場ですよ」「健太郎さんが1人だけ先に歩きだしてしまう」と、揃って歩き出す場面で伊藤が1人だけ歩き始めたと話した。

続けて中川は「もう散々、直前のバックヤードでさ、スタッフさんが説明してくれてて」「お前は何一つ聞いてなかった」「マジ恥ずかしかった」とも振り返り、2人で笑い声をあげた。

この時について伊藤は「俺は恥ずかしいっていうよりかさ、うわっやっべーやっちったよ!と思ってさ」と、焦っていた様子を明かすと、中川は「地元の成人式じゃねえんだから」「あの時健太郎の友達やめようかなと思った」とツッコミを入れ、2人で笑い合っていた。

関連画像

関連記事