菅田将暉、バカリズムに関西弁と標準語の“使い分け”追及され「やめろ~!」

2020.2.19 10:00

2月17日深夜に放送されたニッポン放送の『菅田将暉のオールナイトニッポン』にバカリズムがゲスト出演した。

【別の記事】菅田将暉、星野源が“救ってくれた”過去明かし「泣いてもいいすか?」

番組内では「俳優としてのブランディング」についての話題になり、バカリズムが「どういう風にしてるんですか、菅田さんはそういうの」「あれはあんまやんないようにしてますとか」と、菅田に意識している部分を質問した。

菅田はこの質問に「恥ずかしい」「やだなぁ」と呟きながら「それで言うと、SNS系あるじゃないですか。インスタはやってなくてTwitterはやってるんですけど、Twitterはほぼほぼ番宣に特化してます」と明かし、バカリズムも「それはわかる、SNSやってない人ってかっこいいっすもんね何かね」と、相槌を打った。

また、バカリズムが「(この番組で)関西弁を使ってたじゃないですか」「あえて出してる感じなんですか?」と、普段の標準語と関西弁の使い分けについても追及すると、菅田は「やめろ~!あえてじゃないですよ」と、笑いながらも恥ずかしそうに否定した。

これにバカリズムは「ズルいなって」「親近感わくっていう」「心開いてくれたとか、アッ!てちょっと掴まれるんですよ」「使い分けてらっしゃるのかなぁとか」と、菅田の関西弁のギャップに心を掴まれた様子をのぞかせていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100