1-SHINE、大盛況のワンマンライブが終了「俺たちが人生を変える姿を見ていてほしい」

2020.2.18 15:00

1-SHINEが2月15日六本木morph-tokyoにてワンマンライブ「THE ONE」を開催した。

入場とともに多くのファンが殺到し、収まりきらないほど会場内はすし詰め状態。そんな超満員となるフロアで、ファンが開演を今かと待ちわびているとSEと共にメンバーが登場。2020年1-SHINEのアンセムとなる楽曲「2020」を1曲目に演奏。攻撃的なギターリフと重圧なサウンドで会場内の熱気も一気に上がる。続けてダンサブルなナンバー「Lost In Dance」、EDMサウンドでノリの良い「In My Life」を披露し会場を盛り上げた。その後も「Something True」「Next To You」「PARADISE」と止まることなく次々と楽曲を演奏。

MCを挟むことなくノンストップのまま、ライブは後半戦に差し掛かる。クラブミュージックで観客を盛り上げる「Crush on You」から、ダークかつアッパーな一曲「I’m sorry」を披露し、フロアのテンションが上がり切ったタイミングで、ボーカルのYumaが「初披露となる新曲を持ってきました!そしてこの曲はフィーチャリングゲストを招いています!」と今国内外から熱い注目を浴びている4人組ガールズグループBananaLemon(バナナレモン)のメインボーカルNadiaを呼び込み新曲「Alive」を披露。重厚で攻撃的なサウンドとNadiaのハイトーンとフェイクを前に会場のボルテージは最高潮に達し、1番の盛り上がりを見せた。

公演も終盤になりライブでは定番曲である「TOKYO」、昨年12月にリリースをした「A Thousand Tears」を演奏。ここまで合計14曲、止まることなくMCをいれずライブは続いた。そして最後の曲を残し、ようやくMCでボーカルのYumaが話し始める。「僕たちのバンドは、ライブにくればみんなの人生が明日から変わるよ、なんてそんな大それたことは言いません。僕たちがライブに来てくれるみんなを楽しませて、そして上に進んでいく過程で、僕たちが人生を変える姿をみんなには見ていてほしいです。」これからも音楽と向き合うバンドの姿勢と、ライブに来てくれたファンに感謝の気持ちを伝え、最後の曲「Only Human」を演奏しワンマンライブの幕を下ろした。

終演後、モニターに映像が流れ7月24日に渋谷club asiaでのワンマンライブを発表。ポストEDM的なエレクトロニックサウンドとバンドサウンドを融合させる、次世代の5人組バンド1-SHINE。2020年は彼らの動向に注目してみてはいかがだろうか。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100