藤本敏史 “離婚後”の仕事の悩み明かす「俺は凄い元気やねんけど…」

2020.2.5 17:50
藤本敏史 “離婚後”の仕事の悩み明かす「俺は凄い元気やねんけど…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

2月3日に放送されたTBS系『1番だけが知っている』にFUJIWARAの藤本敏史が出演した。

【別の記事】フジモン、仕事のおかげでタバコ吸うも健康と医師が太鼓判「その特殊な芸風が…」

番組では、『10人の人格』を持つ多重人格者、haruさんへの悩み相談企画を行い、その中で藤本が相談者として参加した。

スタッフが「大変でしたね」と声を掛けると、藤本は「そうですね」「そんな大変でもないんですけどね」「悩みっちゅう悩みは無いですね」と、答えた。

しかし、haruさんらと話を進めていくうちに、藤本が「逆に俺も仕事の質問させてもらっていい?」と、相談があると持ちかけた。

藤本は「去年離婚して、どういったらええんかな、俺は凄い元気やねんけど、例えばテレビの収録とか、共演者の方が『大丈夫?』とか凄い気使ってくれるというのか」と、言葉を選びながら語り始めた。

続けて藤本は「全然大丈夫やねんけど」「『空元気じゃないの?』みたいな『無理してやってない?』みたいな事を思われたりするのがちょっと悩みかな」「離婚してすぐっていうのがあるからやと思うんやけど」と、周囲からの気遣いに対しての心境を明かした。

これに16歳の女性の人格だという結衣さんが「周りを気にする事よりも、自分に嘘をつかない方が大事なのかな」「辛い思いをしたんだなぁっていうのを受け入れるのも大事だと思う」「今自分が出来ることだったりとか、自分の想いとかを発信し続けていけば伝わる気がする」と、藤本へアドバイスを送った。

すると藤本は「胸のつかえがスッと取れたというのか」と気持ちが楽になった様子を見せ「16歳?ホンマに」と話しながら周囲の笑いを誘っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254