SMAP、解散回避へ。生放送コメント全文「何があっても前だけを見て進みたい」

2016.1.18 23:32

解散報道が出ていたSMAPが、18日に放送されたフジテレビ系「SMAP×SMAP」にてそれぞれの気持ちを語った。

番組冒頭、急遽内容を変更して行われた生放送でリーダーの木村拓哉が「先週から我々SMAPの事でお騒がせしました。そしてたくさんの方々に、たくさんの心配とご迷惑をおかけしました。」と謝罪。

「このままの状態だとSMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たち5人がしっかり顔を揃えて、皆さんに報告することが何より大切だと思いましたので、本当に勝手だったんですが、このような時間をいただきました」と説明した。

続いて、稲垣吾郎が「この度は、僕たちの事でお騒がせしましたこと、申し訳なく思っています。これからの自分たちの姿を見ていただき、そして応援していただけるように精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願い致します」、香取慎吾は「本当にたくさんの方々に心配をかけてしまい、不安にさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。皆様と一緒にまた今日からいっぱい笑顔を作っていきたいと思っています。よろしくお願いします。」と、途中声を詰まらせながらもメッセージを送った。

また、中居正広は「今回の件で、SMAPがどれだけ皆さんに支えていただいているのかということを改めて強く感じました本当に、申し訳ございませんでした。これからもよろしくお願い致します。」、草なぎ剛は「皆さんの言葉で気づいたこともたくさんありました。本当に感謝しています。今回、ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、僕らはここに立ててます。5人でここに集まれたことを安心しています。」と、木村拓哉の取りなしがあったことを告白した。

木村拓哉は「最後に、これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思っていますので、皆さんよろしくお願いします」と5人全員が深々と頭を下げ、生放送が終了した。