山猿のニューアルバム「あいことば3」から珠玉のラーメンロードムービー誕生!新曲MVでは水野美紀も涙の熱演

2016.1.16 15:39

山猿のニューアルバム「あいことば3」から珠玉のラーメンロードムービー誕生!新曲MVでは水野美紀も涙の熱演サムネイル画像

福島在住で音楽活動をしている山猿。2015年4月に約2年半ぶりにリリースしたアルバム「あいことば2」がオリコンデイリー9位にランクイン、新曲が5作連続で着うたフル(R)配信チャートで1位を獲得と主に10代の間で話題になっている。

そして、2016年、満を持してリリースされる「あいことば3」から、中編映画「ラーおじさんの旅」が生まれた。国民食ラーメンを題材にし「日本で最もMVに出演している俳優」結城貴史が主演、ヒロインを渡辺奈緒子が演じ、オリジナル絵本「ラーおじさんの旅」を縦軸に、ラーメンを食べながら日本中津々浦々を旅する男の姿を描いた珠玉のロードムービー。映画の中で使われている曲はすべて「あいことば3」からの楽曲になるという前代未聞!映画&音楽の新しいカタチを作り出した。

さらに、先行して1/12に配信される最新曲「赤い実ハジケタ恋空の下..part2」のMVは、映画に出演した女優の水野美紀と山猿の出演部分をフィーチャーして編集されたもので、映画の中の一つの謎がMVを見ると解き明かされる画期的な映像作品になっている。山猿として初めてのウェディングソングを映像化するに当たり、凛とした強さと切なさを感じさせ、歌詞のポイントである「涙」のイメージを膨らませてくれる女性像を作り上げた。

「ラーおじさんの旅」は、ラーメンロードムービーの決定版であり、水野美紀の切れ味鋭いアクションシーンもあり、シンガーである山猿が初めて役者としてラーメン屋の店主を演じた所にも注目だ。また、絵本「ラーおじさんの旅」の声を、アニメ「スポンジボブ」の声優としてお馴染の松野太紀が演じるなど、大変豪華な内容となっている。

もちろん、ラーメンへのこだわりは、追随を許さず、北は北海道、南は九州,そして離島も含めて日本全国11ヶ所13軒のラーメン店でのロケも見所にもなっており、撮影に約1カ月を要した。なかでも取材禁止店として伝説にもなっている「博多元気一杯!!」で初のロケ収録を行ったことにも注目でラーメンファンも納得の内容になっている。

この映画もMVと共に「あいことば3」の初回盤の特典映像となっており、リリースへの期待が高まる。

関連画像

PHOTO RANKING 写真ランキング