松本人志、オードリー春日の“プライベート”に驚き「人として怖い」

2020.1.31 6:10

松本人志、オードリー春日の“プライベート”に驚き「人として怖い」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

1月29日、TBS系『水曜日のダウンタウン』にオードリーの春日俊彰が出演した。

番組では今回、遅刻に関するドッキリを仕掛ける企画が行われ、その中で待ち合わせ相手であるどきどきキャンプの佐藤満春と春日が電話で「オブです」「もう降臨」「ごんすなTVだね」といった言葉を使用して会話するシーンがあった。

この独特の言葉について佐藤は「プライベートの会話でやらないと違和感が出るじゃないですか。僕も本来の、普通に日本語で会話したかったんですけども、いわゆる“春日語”を今使いました」と、春日とプライベートで使用している言葉だと説明。

その後も春日は「もち降臨してるんだけど(もちろん到着してるんだけど)」「充がなし男になってきたからさ(充電がなくなってきたからさ)」と電話越しで“春日語”を使用し、ドッキリのネタばらしをされた際には会話を聞かれたことに対して「恥ずかしいよ」「あれがスタジオに流れると思うと、ゾッとするね」「ダウンタウンさんに聞かれると思うとゾッとするね」とコメントしていた。

このVTRを受けて、スタジオのダウンタウン松本人志は「ちょっと僕、もう春日とは会えないです」「なんか人として怖いんです」と声をあげ、周囲の笑いを誘っていた。

関連画像

関連記事