EXIT兼近が「トラウマ」と語るある番組での“失態”とは?「飛んじゃったんすよ」

2020.1.30 6:40
EXIT兼近が「トラウマ」と語るある番組での“失態”とは?「飛んじゃったんすよ」サムネイル画像
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

1月28日放送の日本テレビ系『うちのガヤがすみません!』に、EXIT・兼近大樹とりんたろー。が出演した。

【別の記事】EXITりんたろー。『ZIP!』生出演で受けた“クレーム”とは?「『止めなさい』って…」

番組では、ガヤ芸人が番組に対する“怒りの告発”をするという趣旨の元、さまざまな芸人のVTRが放送された。この中で、兼近は、以前番組の中で出演者のドラマを告知する漫才を披露した際のエピソードとして「ネタけっこうスベっちゃって、飛んじゃったんすよ」と切り出した。

続けて「もちろんそこはカットしてもらえるんだろうなっていう思いで観てたら、ちゃんとスベったとこ含め、スベった後のフォロー含め、全て使われてた」と明かし、「マジ余計なお世話」「それ以来もう『ガヤ』トラウマですから」「出るとドキドキしちゃう」「『ガヤ』だけはうまくいかない」と語った。

その後、改めて告知漫才での失敗を見返した兼近は「やっぱ嫌な気持ちになります」とコメントした。また、りんたろー。は「兼近、記憶の部屋がとても小さいんです」「(覚えるのに)1週間ぐらいかけないと無理な子なんで」とフォローした。しかし兼近は笑いながら「2日前に依頼するほうが悪くないっすか?」とコメントし、りんたろー。は笑い声をあげていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100