キノコホテルのデビュー10周年記念は一日限りの特別編成

2020.1.27 15:00
キノコホテルのデビュー10周年記念は一日限りの特別編成サムネイル画像
キノコホテル

2010年2月にデビュー・アルバム『マリアンヌの憂鬱』をリリースしてから、ちょうど10年。今年デビュー10周年イヤーとなるキノコホテルが2月11日、TSUTAYA O-EASTにて「デビュー10周年記念大実演会 〜サロン・ド・キノコ〜荒野ノ毒花十年紀」を開催する。

年末にマリアンヌはSNSにて「令和2年3月から、キノコホテルは新たな道を歩み始めます」等、今後の展開を匂わせるような意味深発言をしており、胞子(ファン)達の間でも物議を醸している。2月11日は、その決意表明とも言える日になるであろう。

なお、今年元旦より米国発の動画SNSアプリ「FIREWORK」にて会員制コミュニティ「サロン紅天狗」を始動し、胞子(ファン)との交流を深めるオンラインファンクラブとして定期的に動画を公開、チャットルーム開設など、これまでのキノコホテルでは考えられなかったような試みも開始されている。

【マリアンヌ東雲(歌と電気オルガン)コメント】

お陰様にて、愛され、時には憎まれ、世間から半ば忘れられつつもマイペースに10年間歩んでまいりました。

この日はホーンセクションやパーカッションを迎えた特別編成にて、ワタクシがデビュー以降これまたマイペースに書き続けて来た楽曲から厳選したものを、この日限りの時間と共にお楽しみ頂ければと思います。

今回の公演のテーマは、或る意味「過去との決別」であると個人的には考えております。常に進化・深化を続けて来たキノコホテルが、また新たに船出する為のセレモニーを、是非見届けにいらして下さい。会場でお逢いいたしましょう。ご機嫌よう。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100