三四郎・小宮、今でも“1日3回”の職務質問を受ける「知名度が足りない…」

2020.1.25 18:30
三四郎・小宮、今でも“1日3回”の職務質問を受ける「知名度が足りない…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

1月23日放送のテレビ朝日系『アメトーーク!』に、三四郎・小宮浩信が出演した。

【別の記事】三四郎・小宮、ドッキリに気づく“一番の見分け方”を明かし「本当だ!」の声

番組では、“マセキ三兄弟”として小宮、出川哲朗、狩野英孝が出演し、さまざまなトークが展開された。この中で、3人が昨年の活躍を自己採点して発表する場面があり、小宮は自身の昨年の活躍を「80点」として、相方・相田周二のドラマ出演や、自身のラジオ番組の時間帯昇格があったことをその理由に挙げた。

これを受け、他の出演者が「残り20点は?」と質問すると、小宮は「まだ知名度が足りないっていうか」と答え、スタジオからは「(知名度)あるでしょ」「小宮はすごいじゃん」という声があがった。

すると、小宮は「いや…職務質問受けるんす。1日3回」と明かし、さらに「1番最初と最後の人、同じ人。『いや、さっきのさっきの!』って言った」として、1度目に声をかけてきた相手と3度目に声をかけてきた相手が同一人物だったと説明し、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100