“卒論=離婚届”!? ベッキーと不倫騒動のゲスの極み乙女。川谷絵音に「さすが歌詞を書く人のセンスは違う」の声

2016.1.7 13:35

“卒論=離婚届”!? ベッキーと不倫騒動のゲスの極み乙女。川谷絵音に「さすが歌詞を書く人のセンスは違う」の声サムネイル画像

一部週刊誌の報道から端を発した、不倫騒動の最中にいるゲスの極み乙女。川谷絵音に意外な注目が集まっている。

報道では、川谷絵音とベッキーのLINEでのやりとりとされる内容が公表されたが、そのやりとりとされる文章の中には「卒論」という表現が見られたと言う。これについて、一連の会話の流れから「二人の間で“卒論”は“離婚届”を示す隠語だったのでは?」という意見がネットを中心に噴出。「離婚届」がTwitterのトレンドに入るなど、大きな話題となっている。

これについて、川谷絵音が同バンドの作詞を担当していることから、ネットでは「何その歌詞みたいな隠語」「マイナスなことでもなんか良い意味に聞こえる」「歌詞センスがここで発揮されるとは。笑」「やっぱり歌の歌詞書く人の感性って違うな…」「その辺がアーティストの感覚なのか」「なんか、さすが笑」「歌詞に使おうとしてたんじゃないかなコレ」などとコメントされていた。

関連画像