田中圭、若手時代の給料事情を告白「びっくりするぐらい…」

2020.1.21 11:47

田中圭、若手時代の給料事情を告白「びっくりするぐらい…」サムネイル画像

(c)YOSHITOMO TAKASHIMA

1月21日放送のフジテレビ系『めざましテレビ』に、田中圭が出演した。

番組では、今年俳優生活20周年の田中に、軽部真一アナウンサーがインタビューを行う様子が放送された。この中で、田中は2003年のドラマ『WATER BOYS』に出演していた頃、注目はされたものの、俳優業とアルバイトを掛け持ちする生活だったことが明かされた。

田中は「最初給料制だったんですよ。で、ある時に急に歩合になったんですよ」と切り出し、「お給料が少なかったんですけど、それを当然ひとつ目安として、バイトしたりしてたので」「それが無くなったんですよ、歩合になって」と説明。

続けて「え~ってなりながらも、でも『旬くんが歩合だから、圭(も)歩合ね』って言われて。小栗旬くんが僕の事務所の先輩で」「“しょうがない、頑張ろう”ってバイト増やしたりとか、いろいろして」と振り返った。

そして、2005年の月9ドラマ『スローダンス』にレギュラー出演が決まった頃の出来事として「来月バイトしなくてもいけるかもしれないってなった時に、事務所が急に『給料に戻す?』みたいな感じに言われて」「『お給料、月いくらですか?』みたいな話をした時に、びっくりするぐらい安くて」「『あっ、いいです。歩合でやります』って言って、そっからはもう仕事なくなっても歩合でずっとやってこうって決めたので」と明かした。

関連画像

関連記事