安斉かれん、パラレル・リリース第2弾「誰かの来世の夢でもいい」FMヨコハマで最速オンエア

2020.1.14 16:30

安斉かれん、パラレル・リリース第2弾「誰かの来世の夢でもいい」FMヨコハマで最速オンエアサムネイル画像

安斉かれん

ポス(ポストミレニアル)ギャルと呼ばれる次世代アイコンとして、今注目を集めている安斉かれんが、「誰かの来世の夢でもいい (Prod.by Carpainter)」を1月22日(水)にリリースする。

今作は、Bass music/Techno musicといったクラブサウンドを軸に個性的な楽曲が国内外問わず高い評価を得ているTREKKIE TRAXの主宰メンバー”Carpainter”がプロデュース。

パラレル・リリースとは、「メロディ」と「歌詞」をより多種多彩に楽しんでもらうために、新たなサウンド・デザインとビジュアライゼーションを施した、これまでにない新たな聴き方を提案した表現となっている。

第1弾は、『人生は戦場だ (Prod.by TAKU INOUE) 』、そして第2弾は、「誰かの来世の夢でもいい (Prod.by Carpainter)」をリリース。

緻密に刻まれるビートとギターが織りなす情緒的なリズムとエモーショナルなヴォーカルが包括されたメロディアスな2 Stepスタイルポップスは必聴だろう。

ジャケット写真はAmber RoseやRihannaなどを次々とシュートし、世界から注視されているフォトグラファー「CHARLOTTE RUTHERFORD (シャーロット・ラザフォード) 」によるもの。日本からは「RGB_Light」などのアート作品を手掛けるアートディレクター「河野未彩」、唯一無二のフィロソフィでストリートを牽引するスタイリスト「RISA“RIBBON”KATO」、コラージュアーティストとしても活躍するヘアメイク・アーティスト「TORI.」らが集結し、L.A.で撮影された。

「誰かの来世の夢でもいい (Prod.by Carpainter)」は、1月22日(水)より音楽サブスクリプションサービス限定で配信スタート。さらに、「誰かの来世の夢でもいい (Prod.by Carpainter)」は、1月14日FMヨコハマ「PRIME TIME(19:00-22:00)」にて、最速オンエアされる。

関連画像

関連記事

関連リンク