ざわちん「卑怯だとか言われてもいい」。ワンダイレクションとの記念写真公開&どっきりの舞台裏を告白

2015.12.14 17:30

ざわちん「卑怯だとか言われてもいい」。ワンダイレクションとの記念写真公開&どっきりの舞台裏を告白サムネイル画像

12月13日に、日本テレビ系で放送された「行列のできる法律相談所」で、世界が誇る大人気グループ・ONE DIRECTIONが登場するというどっきりを仕掛けられたざわちんが、自身のブログでその舞台裏を公開した。

ざわちんは仕事でONE DIRECTIONのものまねメイクをすることになり、その際に彼らの曲をずっと聴いていたところ「どれもいい曲で。私は英語ができないのでメロディーやフィーリング的なものでしたが、メイクが終わったころにはすっかりハマってしまいました」とファンになった経緯を説明。世間の反応で落ち込んでいるとき、ONE DIRECTIONの曲に励まされたことなどを熱く綴った。

どっきりの当日はONE DIRECTIONプレミアムLIVEのレポートという名目で訪英したざわちん。「スタッフさんに1Dさんへの熱い思いを語ってるところを撮りたいのでよろしくお願いします。と言われて、呼ばれた先に向かいました。」とスタッフの指示に従ったという。

そして、熱い思いを語っているところに「肩をトントンとされたので、後を振り向いたら、、『Hi!Zawachin!』と呼ばれて、目の前にONEDIRECTIONのみなさんが立っていました」「ライブの余韻にずっとひたってたので脳内が1Dすぎて本気で本気で本気幻をみたかと思ってびっくりしてしまいました」と当時の心境を振り返ったざわちん。

「思わず逃げてしばらく隅っこに隠れてしまい頭を整理してました。ホンモノ?とかいって本当にごめんなさい。あまりにもあまりにも信じられなくて本当にパニックになりました。」「やっとご本人様だと認識した瞬間に涙が溢れて震えが止まりませんでした。」とあまりにも想定外の出来事だったことを告白した。

「インタビュー中メンバーのみなさんはしっかりちゃんと目をみて質問に答えてくれました。」「そして私の気持ちを伝えることができて本当によかったです。」「『What Makes You Beautiful』でざわちんの替え歌をワンフレーズプレゼントしてくれたり、最後は本来NGがかかってた記念撮影もONEDIRECTIONさん自ら写真を一緒に撮りましょうと声をかけていただきました。」と幸せな時間を過ごした事を伝えた。

そして「だからこのとき私は決めました。堂々と応援しよう。と…。勝手に卑怯だとか芸能人だからなんだとか言われてもいい。応援したい人を応援する。」という強い決意も表明した。

画像:ざわちん オフィシャルブログより

関連画像