オペラ界のスター幸田浩子が歌う「日本のうた」第2弾がリリース&映画『デジモンアドベンチャー』の劇伴にも参加決定

2019.12.24 7:15

オペラ界のスター幸田浩子が歌う「日本のうた」第2弾がリリース&映画『デジモンアドベンチャー』の劇伴にも参加決定サムネイル画像

幸田浩子

日本を代表するソプラノ・幸田浩子が、待望の「日本のうた」を集めたアルバムをリリースすることが発表された。

国内外のオペラ劇場に出演を重ね、ウィーンの名門フォルクスオーパーの専属歌手としても活躍、来年は幸田を”かぐや姫”役に想定して指揮者沼尻竜典氏が作曲したオペラ『竹取物語』の再演も決まっているなど、まさに名実ともに日本随一のディーヴァとして人気を博している存在だ。

来年1月22日に発売される『このみち ~日本のうたII~』は、2013年4月にリリース以来継続的にセールスを重ねているエバーグリーン・アルバム『ふるさと ~日本のうた~』の後継作と位置付けられるもの。

幸田のいつくしむように歌い上げるパフォーマンスは日本語詩曲の歌唱で絶妙に花開くと定評があり、今回の企画はまさにファン待望の内容となる。

日本人ならば誰しも耳にしたことのある「早春賦」や「朧月夜」をはじめ、日本語による歌の名曲たちが連なり、さらには、今回幸田のためにシンガーソングライターの池田綾子氏が書き下ろし、コール・ジューン・ジュニアと共演した「時は風のように」や、前述の『竹取物語』の中のアリアなども収録されている。

なお、幸田浩子は来年2月に公開の映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』の劇伴音楽に参加。話題の作曲家・富貴晴美の作曲による壮大なサウンドの中で歌声を披露する。

関連画像

関連記事