木村拓哉、『グランメゾン東京』の“あのシーン”で使用した私物を明かし「恥ずかしい」

2019.12.24 10:00
木村拓哉、『グランメゾン東京』の“あのシーン”で使用した私物を明かし「恥ずかしい」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

12月21日、TBS系『王様のブランチ』に木村拓哉が出演した。

【別の記事】木村拓哉、嵐・櫻井翔のジャニーズJr.時代と現在の印象を明かす「あまりにも…」

番組では、日曜劇場『グランメゾン東京』の出演者をゲストに迎え、同ドラマを熱く語りたいメンバーとしてオリエンタルラジオの藤森慎吾らがトークを展開した。

その中で、藤森は注目して欲しいシーンとして木村がバイクに乗って登場したシーンを紹介。そのシーンが放送されると「木村さんにお伺いしたいのは」と切り出し「バイクのシーンがあったりとか、ファッションとかそういったところを僕細かく見ちゃうんですけども。例えば衣装とか、小道具とか、ご自分で使われるものなんかは木村さんのアイデアがあったりするんですか?」と質問した。

それに対し木村は「今回(ヘル)メットは持っていきました」と、バイクのシーンで使ったヘルメットは普段自分が使っている私物だと明かし「だからもう被れないですよね」「もうちょっと恥ずかしい。『まだ被ってんじゃん!』って言われるんで」と笑顔で話していた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100