和牛『M-1』敗者復活から目指すは優勝と“ウイニングラン”漫才「自信を持って…」

2019.12.20 17:50

和牛『M-1』敗者復活から目指すは優勝と“ウイニングラン”漫才「自信を持って…」サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

12月18日深夜放送の文化放送『和牛のモーモーラジオ』に出演した和牛・水田信二と川西賢志郎が、『M-1グランプリ2019』に対する意気込みを語った。

番組の中で、川西は『M-1グランプリ2019』の決勝進出のコンビについて振り返り、「一気に新たな顔ぶれになった」「発表の場とかにもいたし、誰が通ったっていうのは知ってるけど、改めて後から記事とかいろいろ読んだら、ほとんどが初出場なんやね」とコメント。これを受け、水田も「逆に言うたら、敗者復活にも(過去の)ファイナリストがめちゃくちゃおる」と語った。

そして、川西は「できること全てやって、精いっぱいやって、自信を持って、22日のまずは敗者復活戦の舞台に立とう」「結果はもらうもんやから、そこでどういう結果になるかはわかりませんが…」「しっかりおつとめをやり切る」と意気込みを語った。

すると、水田は「優勝できて、もし『もう1本やっていいですよ』ってなったら、4本目するかもしれん」「“ウイニングラン”的にね」と冗談交じりにコメント。川西も「“ウイニングラン漫才”の途中で『さよなら』って(司会の)今田(耕司)さんに言うてもらえるような…そうなるようにしっかりとね、やらせていただきます」と締めくくった。

関連画像

関連記事