EXILE ATSUSHI初単独ドームツアー&THE SECOND・GENERATIONSも初アリーナツアー決定を発表

2015.12.7 11:46

EXILE ATSUSHI初単独ドームツアー&THE SECOND・GENERATIONSも初アリーナツアー決定を発表サムネイル画像

ダンス&ボーカルユニットEXILEのATSUSHIが4日、 EXILEのライブツアー『EXILE LIVE TOUR 2015 AMAZING WORLD』の大阪公演で、2016年春に自身初となる単独ドームツアーの開催を発表した。あわせてTHE SECOND from EXILEの初となる単独ツアーの開催、GENERATIONS from EXILE TRIBEの初アリーナツアーの開催も発表された。

ライブ本編が終了し、興奮冷めやらぬ観客がアンコールの歓声を送る最中、突如会場の大型ビジョンで映像が流しだされ、ツアーの開催が緊急発表されると満員の40,000人の観客から大歓声が沸き起こった。

ATSUSHIは2009年からソロとしても活動をはじめ、2011年9月にEXILE ATSUSHI名義でソロデビュー。2012年には自身初のツアー『EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE 2012 ~命をうたう~』を全国6都市で開催し約2万人を動員。そして、2014年には全11都市24公演で約30万人を動員した自身初のアリーナツアー『EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2014 “Music”』を行い、同年の第56回日本レコード大賞では最優秀歌唱賞を受賞。今回のソロツアーは2年ぶりの開催となり、単独として初のドームツアーとなる。また、開催場所など公演の詳細は発表されていないが、関係者によると5大ドームツアーを計画している模様。

過去、日本人ソロアーティストとして5大ドームツアーを開催したのは、桑田佳祐(2002年)、MISIA(2004年)、小田和正(2011年)、安室奈美恵(2012年)、福山雅治(2014年)の5名のみで、史上6人目の快挙となり、日本人男性ソロアーティストとしては史上4人目となる。また、ソロデビューから4年8ヶ月での5大ドームツアーは、日本人ソロアーティストとしては史上最速の快挙となる。

そして、2012年にEXILEの橘ケンチ、黒木啓司、TETSUYA、NESMITH、SHOKICHIの5名でデビューをしたTHE SECOND from EXILEも、2016年秋に単独として初となるツアーをアリーナツアーとして開催することを発表した。

THE SECOND from EXILEは2012年にデビューを果たし、2014年に発売された1stアルバム『THE II AGE』では、オリコン週間アルバムランキングで初登場にして1位を獲得。これまでにも、2014年に行われた「EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014 SPECIAL STAGE “THE SURVIVAL”IN SAITAMA SUPER ARENA 10DAYS」や「EXILE TRIBE PERFECT YEAR LIVE TOUR TOWER OF WISH 2014~THE REVOLUTION~」など、EXILE TRIBEとして行われたツアーへの参加はあったが、単独としては初のツアー開催となる。

さらに、今春自身初となる全国ホールツアー&ワールドツアー『GENERATIONS WORLD TOUR 2015 “GENERATION EX』を開催し、2012年11月のデビューから、約2年5ヶ月での初単独ツアーにしてパリ、ロンドン、台湾、香港でのワールドツアーを成功させたGENERATIONS from EXILE TRIBEは、2016年春に2年連続となるツアーの開催を発表した。今年行われた全国ツアーより規模を拡大させ、デビューから3年5ヶ月で念願の初単独アリーナツアーを行うことが決定した。

GENERATIONS from EXILE TRIBEは、今年9月に発売された通算10作目となるシングル「ALL FOR YOU」では、自己最高の発売初週に15.3万枚を売り上げ、デビューして以来初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得するなど、EXILE、三代目J Soul Brothersに続く活躍をみせる。

EXILEは結成当初の2001年の結成当初からEXILEを牽引してきた、松本利夫、USA、MAKIDAIのパフォーマー3名が、2015年の活動をもってEXILEとしてのパフォーマーを勇退することが発表されおり、現在行われている『EXILE LIVE TOUR 2015 AMAZING WORLD』(27日最終日)がEXILEとしては最後のライブツアーとなることが発表されている。2016年、EXILEは新たな形となり更なる進化を続けていく。

関連画像