三代目JSB・NAOTO、デビュー当時の今市隆二から言われた驚きの一言とは?「心の声が勝っちゃった…」

2019.12.14 12:15
三代目JSB・NAOTO、デビュー当時の今市隆二から言われた驚きの一言とは?「心の声が勝っちゃった…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

12月12日深夜、J-WAVE『SPARK』にNAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が出演した。

【別の記事】三代目JSB・NAOTO、ダンサーの道に進んだ“分岐点”振り返る「ボクシングやりたくて…」

番組の中でデビュー当時のMV撮影についての話題が展開されると、今市隆二(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が「自分たち、本当に一般人から急にアーティストになったわけじゃないですか」と語り、当時はNAOTOに対して“EXILEの人”というイメージがあり、自身とは立場が異なっていたと話した。

しかし、今市は「NAOTOさん覚えてます?2人で合間に喋ってた時に、たまたま小さいホワイトボードがあったんですよ、現場に」と切り出すと、そこにNAOTOとお題を出し合って落書きをしていたというエピソードに触れ、「たまたまテーマがコロ助になったんですよね」「NAOTOさんがコロ助描いたんですけど」「絵を見た時に『は??』と思いました、もう」と発言。

続けて今市が「結構衝撃的すぎて、マジ下手くそだなっていうのはあって」と振り返ると、NAOTOも「ちょっと言ってたもんそれ」「その時とばかりは心の声が勝っちゃったっていうか、『いや、下手っスね』つって」と当時の今市の様子を明かした。

その後、NAOTOと今市は番組内で“悟空”というお題でイラスト対決を行うも、完成したNAOTOの絵に対して今市は「誰ですかこれ?」「結構強烈ですよ」といった感想を述べていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100