オードリー若林、コンビの“過去の印象”を明かされ「あの言い方ないですよね」

2019.12.5 6:30

オードリー若林、コンビの“過去の印象”を明かされ「あの言い方ないですよね」サムネイル画像

オードリー

12月3日放送のフジテレビ系『セブンルール』に、オードリーの若林正恭が出演した。

番組では、若林も世話になっているというお笑いライブ・イベントを制作するK-PROの代表・児島気奈氏の密着取材のVTRを放送。この中で、児島氏がオードリーの過去の印象について語る場面があった。

児島氏は、「春日(俊彰)さんは普通に、楽屋とかでも皆さんと楽しそうに話をしていて」「若林さんは、ほんとに誰とも喋ってないっていうイメージしかなくて」とその印象を語り、「テレビの向こう側であんなに笑っているっていう…声出して笑っているっていうのは、ちょっとびっくりですね」と若林の現在とのギャップに驚いていると明かした。

このVTRをスタジオで見ていた若林は、「児島さんが見てると思わなかったの」「他の芸人さんとかスタッフに、“あの人喋ってないな、輪に入れてないな”って思わすのも悪いと思ってたから、階段の踊り場とか探していたんですよ」と当時の一人での行動を振り返った。

その後、共演者のYOUが「『声上げて笑ってる』って」とVTRのコメントを取り上げると、若林は「あの言い方ないですよね」「“テレビで笑ってるの信じらんない”なんて、昔を知ってたらなお言うなよ」と笑いながらコメントした。

関連画像

関連記事