博多華丸、ハリセンはるかに“アドバイス”送るも突然の涙に動揺「ウソでしょ」

2019.12.2 20:30

博多華丸、ハリセンはるかに“アドバイス”送るも突然の涙に動揺「ウソでしょ」サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

12月1日深夜放送のテレビ東京系『博多華丸のもらい酒みなと旅2』に、ハリセンボン・近藤春菜と箕輪はるかが出演。博多華丸・大吉の博多華丸の言葉に、箕輪が涙してしまうシーンがあった。

番組の中で、華丸は「プレッシャーずっとあるやろ?春菜は」と切り出した上で、それでも近藤は運に恵まれている部分などもあり、今まで活躍しているとコメント。一方で「問題はやっぱはるかやな」と指摘した。

現状に満足しており、野心もないという箕輪に対し、華丸は「なんかやりなさいよ」と促し、箕輪がテクノやロックといった音楽が好きだと知ると「いいやん、突き詰めたら」とアドバイスを送った。さらに、「薄いんよ、常に」「後世に残すようなことをさ、あった方がよくない?」などと、意欲が薄い様子の箕輪に問いかけた。

また、箕輪がハリセンボンを組む前に、自分から声をかけて約3日だけコンビを組んでいた相手がいることを知った華丸は「はるかから声をかけることがあるわけ?」と驚きを覗かせ、「生涯受け身と俺は思ってたよ」と感想を述べた。すると、箕輪は突然泣き出してしまい、華丸が「なんで泣いてんの?」と理由を尋ねると、「すごい厳しく言われるなと思って…」と返答。

華丸は「え?俺?」「ウソでしょ」と動揺を覗かせ、近藤は“箕輪への愛があるからこその発言”と慰めたが、箕輪は「すみません…」となおも泣いてしまい、近藤は「今までにない放送になっております」とコメントし、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連記事