南キャンしずちゃん、山里とのコンビ仲が“急に”改善したきっかけ明かし、若林「とんでもねぇ…」

2019.11.21 20:50
南キャンしずちゃん、山里とのコンビ仲が“急に”改善したきっかけ明かし、若林「とんでもねぇ…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

11月20日放送の日本テレビ系『ヒルナンデス!』に、南海キャンディーズ・しずちゃんこと山崎静代が出演。相方の山里亮太について語る場面があった。

【別の記事】南キャン山里が相方・しずちゃんに“懺悔したいこと”とは?「嫉妬から…」

番組の中で、オードリー・若林正恭が「しずちゃんは、山ちゃんとどれぐらいの時から仲良くなり始めたんすか?」と尋ねると、しずちゃんは「ボクシングをやりだした頃は、仲めっちゃ悪かったけど」と切り出し、「すごい反対してて、山ちゃんが。『どこに向かってんねん』ってずっと言ってて」と振り返った。

続けて「ロンドン(五輪)近なってから、一気にマスコミが私のところにいっぱい来るようになって」「そっから山ちゃん急に応援してくれるようになった」と明かすと、若林は笑い声をあげ「とんでもねぇヤツだな、あいつは」「クズエピソードしか出てこない」とコメントした。

なお、今回話題にあがった山里は、以前番組に出演した際、自らの“懺悔したいこと”として「私、数年前にですね、うちの相方・しずちゃんに大きな映画の仕事が入りそうな時に、相方に届く前に握り潰そうとしてすいませんでした」「嫉妬からね…」と告白していたことがあった。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100