ビッケブランカ、中国語版「まっしろ」リリックビデオ公開

2019.11.15 18:00

ビッケブランカ、中国語版「まっしろ」リリックビデオ公開サムネイル画像

ビッケブランカ

昨冬放映された日本テレビ系水曜ドラマ「獣になれない私たち」挿入歌として大きな話題となり、冬のバラードの仲間入りを果たしたビッケブランカの楽曲「まっしろ」。

中華圏の女性シンガーソングライターとして、台湾の“金曲獎”で6部門にノミネート、weiboのフォロワー数300万人以上のアーティスト“ララスー”訳詞のもと配信した中国語ver「最後一公里〜まっしろ〜」のリリックビデオが、ビッケブランカYouTube公式チャンネルで公開された。

このリリックビデオには、ビッケブランカの「ウララ」のヒロイン役であった中神円が監督、脚本を手がけた映画「ランチボックス」の映像が起用され、中国語の歌詞とあいまって、独特な世界観が演出されている。

なお、ビッケブランカは東名阪ホールツアーを含む「Tour De 2020」を開催する。2020年4月3日(金)の宮城・仙台Rensaを皮切りにファイナル公演の5月9日(土)中野サンプラザまで全8公演。ビッケブランカ オフィシャルファンクラブ「French Link」にて11月18日(月)18:00までチケット最速先行受付がスタートしている。(※10月31日(木)23:59までに入会し、会員番号が発行された方が申込可能)

また、3ヶ月連続デジタルリリース第1弾の新曲で、歌詞検索サービス「歌ネット」にて注目度ランキング1位を獲得した「白熊」を12月4日(水)にリリース。そして、11月15日(金)22:00から放送の岡崎体育がお送りするα-STATION『OKAZAKI RADIO CHANNEL』にゲスト出演するので、こちらも合わせてチェックしてみてはいかがだろう。

関連画像

関連記事

関連リンク