ヒトリエ 台湾、上海、北京での海外アジアツアー決定&ライブ映像作品から「シャッタードール」公開

2019.11.7 17:00

ヒトリエ 台湾、上海、北京での海外アジアツアー決定&ライブ映像作品から「シャッタードール」公開サムネイル画像

ヒトリエ

ヒトリエが2020年の2月にアジアツアー『HITORI-ESCAPE TOUR 2020』を開催する事が決定した。

今回発表されたのは、2020年2月9日台北WALL、2月15日上海VAS、2月16日北京Omni spaceの3か所で、ヒトリエが海外ツアーを行うのは、2017年の春に開催したヒトリエ UNKNOWN-TOUR 2018 “Loveless”追加公演、2018年の秋に開催した『HITORI-ESCAPE in CHINA “RED HOT POT TOUR”』に続く3度目で、約1年4か月ぶりとなる。シノダがボーカルを務める3人体制としては初の海外公演だ。

さらに、今週未発表のライブを収録した映像作品『HITORIE LIVE TOUR UNKNOWN 2018 “Loveless”- 2017 “IKI”』から「シャッタードール」の映像が、オフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。

この映像作品は、4月に急逝したボーカルwowakaの誕生日でもある11月4日にリリースされたもので、2018年に行われたツアー『UNKNOWN-TOUR 2018 “Loveless”』 のツアーファイナルとなったEX THEATER ROPPONGIの模様と、2017年の『全国ワンマンツアー2017 “IKI”』ツアーファイナルの新木場STUDIO COASTの模様が収録された2枚組の映像。完全限定生産盤は、カメラマンの西槇太一による未公開写真を含むスペシャル・フォトブックと、2ツアー分のレプリカパス・ステッカーを同梱した三方背スペシャルパッケージ仕様でBlu-ray、DVDそれぞれが発売される。

今回公開された映像は、2015年にシングルとしてリリースされた「シャッタードール」。ヒトリエのライブ演出でも一際印象的なレーザーが飛び交う中、緻密なバンドアンサンブルで会場を踊らせる代表曲の1曲で、この曲の模様が完全限定生産盤のアートワークでも使用されている。

ヒトリエは、9月3日よりメンバー3人体制で全国15都市を巡る全18公演の全国ツアー『HITORI-ESCAPE TOUR 2019』を開催中。ツアーは全公演ソールドアウトしているが、大晦日には「COUNTDOWN JAPAN 19/20」への出演も決定している。

関連画像

関連記事

関連リンク