KEYTALK、新曲『アカネ・ワルツ』がドラマ主題歌に決定

2019.11.3 20:30

KEYTALK、新曲『アカネ・ワルツ』がドラマ主題歌に決定サムネイル画像

KEYTALK×出演者 集合写真

日本中のフェスを踊らせるモンスターバンド“KEYTALK”。

5月15日リリースの移籍第1弾シングル『BUBBLE-GUM MAGIC』では、5月27日付 オリコンシングルウィークリーランキング7位と過去最高位タイ、初動売上げとしては過去最高枚数記録。続く6月25日には、“KAGOME「GO!ME.」プロジェクトテーマソング”として書き下ろされた『ララ・ラプソディー』を配信し、さらに8月には、なんと毎週金曜日4週間連続で配信シングルをリリース。

今夏、全国各地で開催された大型フェスでは、新曲と定番キラーチューンで会場を大いに盛り上げ、そして現在、全国各地で親交深いアーティストとの2マンライブ(全国12か所12公演)が行われている。

そんな勢いが止まることないKEYTALKの11月6日発売となるニューアルバム『DON‘T STOP THE MUSIC』に収録される新曲『アカネ・ワルツ』が読売テレビ・日本テレビ系「探偵が早すぎるスペシャル」の主題歌に決定した。

2018年7月クールに放送された連続ドラマ「探偵が早すぎる」は、W主演の滝藤賢一と広瀬アリス、水野美紀の自由すぎる変幻自在な芝居と、脚本家・宇田学の緻密なトリックが話題を呼んでいた。放送終了直後から多くの視聴者から「続編希望」の声が上がり、今回木曜ドラマF枠、初の続編が決定。

そして、11月8日からはアルバムを引っ提げてのワンマンツアーが開催(全国6公演)される。

題して、『DON’T STOP THE MUSIC TOUR 熱狂パワフルKEYTALK 2019 ~本当にダイジョーブ?? 爆発寸前!!武正の足爆弾~』。

KEYTALKだからこその熱く盛り上がれるダンスロックが鳴り響く空間をぜひとも体験してみてはいかがだろうか。

【KEYTALK 首藤義勝コメント】

「探偵が早すぎる」の、スリリングだけどどこかポップで人懐こい世界観に刺激されて「アカネ・ワルツ」が生まれました。作品のいちファンとして放送を楽しみにしています!

関連画像

関連記事

関連リンク