大原櫻子、さくらももこと“さくら”タッグで、23年ぶりの劇場版『映画ちびまる子ちゃん』の挿入歌担当決定

2015.9.29 17:54

大原櫻子、さくらももこと“さくら”タッグで、23年ぶりの劇場版『映画ちびまる子ちゃん』の挿入歌担当決定サムネイル画像

「ちびまる子ちゃん」のテレビアニメ放送25周年を記念して、23年ぶりの劇場版『映画ちびまる子ちゃん』の公開が決定。その挿入歌に大原櫻子が抜擢された。

挿入歌に選ばれた「キミを忘れないよ」は11月4日に発売される大原櫻子4thシングルのタイトルトラックとして収録されることも決定した。

この新曲「キミを忘れないよ」は、歌・大原櫻子、作詞・さくらももこという“さくら”タッグで綴られた、少し切ない初恋の思い出を歌った曲。映画の重要なシーンでも流れる、大原櫻子としての初ラブバラードだ。

また、映画では名曲「おどるポンポコリン」に亀田誠治がアレンジを加え、大原櫻子が歌い、トータス松本がコーラスで参加する25周年記念映画スペシャルバージョンとして、映画のオープニングを彩るという夢のコラボも実現する。

【作品情報】
劇場版「映画ちびまる子ちゃん」
2015年11月23日(水・祝)公開
オープニング曲:大原櫻子「おどるポンポコリン」(コーラス:トータス松本)
エンディング曲:ウルフルズ「おーい!!」
挿入歌:大原櫻子「キミを忘れないよ」(11月4日発売シングル収録曲)

関連画像