佐藤健・神木隆之介主演映画「バクマン。」の主題歌、サカナクションの新曲「新宝島」MVが完成!昭和感溢れるレトロでレトロでド派手な仕上り

2015.9.25 17:44

佐藤健・神木隆之介主演映画「バクマン。」の主題歌、サカナクションの新曲「新宝島」MVが完成!昭和感溢れるレトロでレトロでド派手な仕上りサムネイル画像

9月30日リリース予定の11th Single「新宝島」が、映画「バクマン。」の主題歌に決定したことも記憶に新しいサカナクション。9月25日(金)お昼12時より、GYAO!「映画「バクマン。」特集」内でのMUSIC VIDEO先行配信がスタートした。

日本の文学性を巧みに内包させる歌詞やフォーキーなメロディ、ロックバンドフォーマットからクラブミュージックアプローチまでこなす変容性。様々な表現方法を持つ5人組のバンド、サカナクション。

全国ツアーは常にチケットソールドアウト、出演するほとんどの大型野外フェスではヘッドライナーで登場するなど、現在の音楽シーンを代表するロックバンドである。音楽的な評価も受けながら「ミュージシャンの在り方」そのものを先進的にとらえて表現し続けるその姿勢は、新世代のイノベーターとして急速に支持を獲得している。

そんな彼らの今回のMV、監督は「夜の踊り子」「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」「さよならはエモーション」の監督を務めた田中裕介。昭和の歌番組やバラエティ番組をオマージュし、レトロ感あふれるセットや仕掛けが象徴的な超ド派手なMUSIC VIDEOとなった。

ベース草刈愛美の妊娠・出産のためにライブ活動を昨年末から休止していたサカナクション。約1年ぶりとなる今回の新曲「新宝島」が、バンドにとってまさに再始動の楽曲ということで華々しいオープニング感あふれる演出となっている。

このリリースに合わせ、10月3日からは全国ツアーでライブ活動を再開するようだ。

 

 

 

 

 

関連画像