生駒里奈、上京当時の“親の想い”振り返り「守ってくれてた…」

2019.10.1 20:00
生駒里奈、上京当時の“親の想い”振り返り「守ってくれてた…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

9月30日、NHK『逆転人生』に生駒里奈が出演した。

【別の記事】生駒里奈、アイドルの“恋愛禁止”への思いを明かす「人生変わるレベルで…」

番組の中では今回、累計26億本の大ヒットを巻き起こした「消せるボールペン」の開発に携わった男性がゲストとして登場し、その苦労などを語るシーンがあった。

この中でゲストの男性が、会社を辞めようと考えるまでに追い詰められた際に“子供を見て思いとどまった、何としても子供は親が守らないとと思っていた”と自身の娘について語ると、これを受けて生駒も「きっと親も、私が上京するときはいろんなことで、(自分から)言わなくてもいろんな場面で守ってくれてたんだろうなとか思う…」と、上京当時を振り返っていた。

また、「きっとお母さんも、私のせいで、ある意味たくさん大変な思いもさせちゃったんだろうなって言うのを、ちょっと思っちゃいましたね」とコメントすると、出演者の南海キャンディーズ・山里亮太は「でも生駒ちゃんのおかげで、(親も)壁を乗り越えてることもあるかもしれないよ」と声をかけ、生駒もそれに「そうですね」と答えていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100