話題のドラマ『表参道高校合唱部!』で中島美嘉がドラマオリジナルソングを発表!&5年ぶりにゲスト出演

2015.9.8 17:43

話題のドラマ『表参道高校合唱部!』で中島美嘉がドラマオリジナルソングを発表!&5年ぶりにゲスト出演サムネイル画像

TBS系で放送中の金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』(金曜夜10時)で主人公・香川真琴(芳根京子)が両親の離婚を阻止するために探し続けている、合唱部に古くから伝わるという「愛の歌」。このドラマオリジナルソングを中島美嘉が歌い、ドラマ挿入歌となることが決定した。中島がドラマ劇中曲を歌うのは2010年放送の「うぬぼれ刑事」(TBS)以来5年ぶり。

ドラマのストーリーが進み、「愛の歌」はドラマストーリー上も最終回に向けて大きな役割を果たす曲となっている。

これまで「愛の歌」という曲の存在はドラマ中で触れられていたが、実際にどんな歌なのかは明かされておらず、ファンからの注目が集まっていた。ドラマも終盤となり、この「愛の歌」は真琴の両親が高校時代に付き合うきっかけとなった思い出の曲として登場するほか、恋人、友人、夫婦、親子…出演者たちはこの「愛の歌」を歌うことでさまざまな絆を深めていく。

最終回に向けてのドラマストーリーの盛り上がりの中で「この「愛の歌」を出演者がシーン中で歌うだけではなく、挿入歌としても使いたい」と考えたプロデューサーが中島にオファーして、コラボレーションが実現した。同楽曲は9月25日より、配信先行にてリリースが決定している。

また、あわせて9月11日放送の第8話に中島がゲスト出演することも決定。中島がテレビドラマに出演するのも、2010年放送の「うぬぼれ刑事」(TBS)以来5年ぶりとなる。表参道高校合唱部のOGで、現在はプロのアーティスト・神島カナとして活動しているという設定。

ドラマ中では合唱部の部員たちと一緒に、自身もカヴァーしたことのあるBEGINの「恋しくて」を歌った。久しぶりのドラマ出演に緊張していたという中島だが、そんな様子は感じさせず終始笑顔で収録に臨んでいた。友人である神田沙也加(瀬山えみり役)と前日にドラマについて話したそうで、撮影当日も神田と仲の良い様子を見せていた。撮影を終えた中島は「5年ぶりのドラマ出演でとても緊張して臨みましたが、共演者の方にも支えていただき楽しく演じることが出来ました。私の歌う曲が少しでもドラマのストーリーを盛り上げることが出来たらうれしいです。」とコメントしている。

関連画像