菅田将暉「恐ろしくて眠れない時も…」歌手活動の裏で抱えた心境を吐露

2019.9.16 18:30

菅田将暉「恐ろしくて眠れない時も…」歌手活動の裏で抱えた心境を吐露サムネイル画像

菅田将暉

9月14日深夜放送のTBS系『COUNTDOWN TV』に菅田将暉が出演した。

菅田は、自身が楽曲制作をするようになったきっかけについて「周りでギター弾けるやつとか、音楽好きな人がいっぱいいたんで」「もの作りは好きなんで『適当に言葉書いてよ』って言われたら書いて、そいつがそれを曲で起こして…みたいなことはやってたんですけど」と語った。

また、2ndアルバム『LOVE』で、あいみょんや米津玄師など、さまざまなアーティストとコラボレーションしたことについては「(石崎)ひゅーいくんとかあいみょんとかもそうですけど、米津くんとか」と切り出し、「実際の出来事とか、お互いの共通する哲学みたいなのがあって…みんなもう気付いたらギター持ってるような人たちだから、自然とそうなっていくっていう。すごくクリエイティブな空間で」「せっかくだからまとめようかみたいのもあって、ですね。今回」とコメント。

さらに「この2019年にあいみょんと米津玄師が混在しているアルバムっすもんね」と語り、「結構ね、たまに俺恐ろしくて眠れない時もあって。怖っ!みたいな」「よくそんな、いろんな音楽が好きな人を敵に回すようなことしたなあ、なんて思いながら」「でも、嬉しいっすよね」と心境を吐露した。

関連画像

関連記事