三浦翔平『ごくせん』メンバーとの楽しい“たこパ”振り返る「懐かしい…」

2019.9.12 21:00

三浦翔平『ごくせん』メンバーとの楽しい“たこパ”振り返る「懐かしい…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

9月11日放送のNACK5『三浦翔平 It's 翔 time』に出演した三浦翔平が、日本テレビ系で放送されていたドラマ『ごくせん』の出演者とのエピソードを振り返った。

番組の中で、関西在住のリスナーから、“家でお好み焼きを作ることはありますか?”というメールが寄せられると、三浦は「ないね」と回答。

続けて「我々は20歳とかそのへんの時、たこ焼きパーティーをよくやってた」と切り出し、「それこそ『ごくせん』の時に『ごくせん』のメンバーでたこパよくやってた」と明かした。

三浦は「(ジャニーズWEST)桐山照史が、関西人だからたこ焼き焼くのうまいのよ」と話し、「俺と(Hey! Say! JUMPの高木)雄也はさ、わりかしやりたくない派な人だからさ」「俺らがやると『へたくそ!触らんといて!』みたいな」と笑いながら語った。

さらに「そこからよく雄也んちでたこパやってたな」「懐かしい」とコメントし、引っ越したばかりで何の家具もない高木の部屋で、ダンボールをテーブル代わりにしながらたこ焼きパーティーを行ったことを振り返って、懐かしそうな様子を覗かせた。

※高木雄也の「高」ははしごだか

関連画像

関連記事