“新星フィメールラッパー”SHACHI、1st EP「alone」がiTunes HIPHOPチャート1位獲得

2019.9.2 18:00

“新星フィメールラッパー”SHACHI、1st EP「alone」がiTunes HIPHOPチャート1位獲得サムネイル画像

SHACHI

大注目のフィメールラッパー・SHACHIの1st EP「alone」がリリースと同時にiTunes HIPHOPチャート1位を獲得。総合チャートでも名だたるアーティストを抑え3位を獲得した。

1st EPでの1位獲得にSHACHIは「1位を目指して今できる事の全力を『alone』に込めて作りましたが本当に取れるかは分からなかったので自分たちの目標を達成できてめちゃくちゃ嬉しいです!まだ聴いてない人にも是非聴いていもらえたら嬉しいです!」と喜びのコメント。

90年代HIPHOPや、Eminem、50CENT、Nas、Kanye West、JAY-Zに影響を受けたというSHACHIのサウンドを支えるプロデューサーのSAME氏は今作EPを「ユニークでバラエティーに富んでいて、可愛い声と重たいBeatが不思議なほどマッチしていて新感覚」な作品と語る。

今作には、7月にオンエアされ大きな話題となったテレビ朝日スペシャルドラマ「ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ」の主題歌「One Day」も収録される。Uta-Net(歌詞検索サイト)の注目度ランキングで1位を獲得したその歌詞「一歩でいい ただ一歩でいい 踏み出せば見える 違う世界が」という前向きなメッセージに勇気付けられたファンも多いだろう。

さらに、収録曲「Tokyo」が2019年9月度のテレビ東京系「流派-R since 2001」エンディングテーマに決定した。9月6日(金)放送への出演も決定。横浜ロケの模様がオンエアされる。

また、今作に収録されている「One Day」「Tokyo」「My Feelings」のミュージックビデオはiTunes HIPHOPチャートで3作連続1位を獲得。2018年夏に初めて公開した「Turn Up The Music」のミュージックビデオは現時点で178万回再生を突破。メキシコ、ロシア、フランス、中国など全世界のファンからのコメントが後を絶たない。

彗星のごとく現れたHIP HOP界の新星SHACHIの躍進が止まらない。

関連画像

関連記事

関連リンク