今田美桜、女優の転機となった先輩俳優の言葉を明かす「そのまま素でいいんだなって…」

2019.8.30 11:50

今田美桜、女優の転機となった先輩俳優の言葉を明かす「そのまま素でいいんだなって…」サムネイル画像

今田美桜

8月29日放送のフジテレビ系『ノンストップ!』に今田美桜が出演した。

番組では、“今もっとも旬な女優”として注目されている今田に密着したVTRが放送された。この中で、今田が自身の女優としての転機について語る場面があった。

今田は、過去にフジテレビ系放送の『記憶』というドラマで中井貴一と共演していた頃、思い悩んでいたが、ドラマの撮影後に中井から「お前はもう30点台でいい」「それのままの方がいいから、それで行け」と言われたことを明かした。

続けて「今まで『なんか頑張らなきゃ』とか『絶対全部100点出さなきゃ』みたいなとか、どこかで思ってたんですけど」「『お前は30点台そのままでいいから』って言ってくださったのが、すごく本当に力がすーっと抜けて」と当時の心境を振り返った。

さらに「そのまま素でいいんだなって思えるようになった1つ(の)きっかけで、すごい大事にしている言葉ですね」と話し、「それをかけてもらったことで、自分が変わったなっていうのもあったかもしれないです」と語った。

関連画像

関連記事