【海外反応】月9「恋仲」でもブレイク中!福士蒼汰の妹役を演じる“大原櫻子”。アーティストとしての海外からの評価とは?

2015.8.11 17:47

【海外反応】月9「恋仲」でもブレイク中!福士蒼汰の妹役を演じる“大原櫻子”。アーティストとしての海外からの評価とは?サムネイル画像

7月22日に3rdシングル「真夏の太陽」をリリース。現在放送中のフジテレビ系ドラマ「恋仲」では、主人公・三浦葵(福士蒼汰)の妹・三浦七海を演じるなど、アーティストとしても、女優としてもまさに注目度急上昇中の大原櫻子。

2013年に映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の主人公・理子役を約5,000人の中から勝ち取り女優としてデビューした彼女は、同映画の劇中バンド「MUSH&Co.(マッシュ・アンド・コー)」のボーカルとして、同時に歌手デビューも果たした。

映画のオーディション時からその高い歌唱力が評価されていたこともあり、2014年11月にはソロ歌手の“大原櫻子”名義でシングル「サンキュー。」をリリース。2ndシングルとなった、2014年度の第93回全国高等学校サッカー選手権大会の応援歌「瞳」では、プロデューサーの亀田誠治と共作で作詞に参加したことも話題となった。

現在19歳の彼女は圧倒的な同世代からの支持を受け、その知名度は急速に広まっているが、アーティストとしての大原櫻子は、海外からどのように評価されているのだろうか。

【海外からの反応】
大原櫻子のオフィシャルYouTubeにアップされているMVを見てみると、その再生数は多いもので700万回再生を超えるなど、軒並み高い再生数を誇る。この動画に寄せられているコメントを見てみると、そのほとんどが日本語で書かれたものだが、中には英語、韓国語、中国語で書き込まれたものもあり、特に海外というくくりで見ると、アジアからの支持が高いようだ。

その内容は「声が爽やかでいい!好みです」「可愛いし、声もいい」「とても美しい声と、美しい言葉!とても素敵」「可愛い!インドネシアから」「このMVのフルバージョンはないの?この曲本当に好きなんだけど」「大原櫻子は清楚なイメージとボーカルがとてもよく似合っていて好きです」「彼女は私を幸せにしてくれる」「あなたはとても可愛い!」など、その歌声・可愛らしいルックスは、海外のユーザーからも高い評価を受けているようだ。

また「彼女はとても才能がありますね」「アカペラを聴いてこんなにいいと思ったことはない!私は真剣に恋に落ちています」「彼女は演技と歌の両方でとても素晴らしい才能を持っていますね」など、その実力も高く評価されている。

そして「1996年生まれだなんて、本当に驚いた。若いのに、歌が本当に上手!」「1996年1月生まれだなんて…。もっと大人に見えますね」など、彼女の若さに驚いているという声も見られた。

彼女の人気はまだ日本国内が中心だが、この先、その実力で海外から大きな注目を集める日もそう遠くはなさそうだ。

関連画像