嵐・松本潤、手荷物検査で引っかかったエピソードを告白「去年ぐらいなんですけれど…」

2019.8.20 20:30

嵐・松本潤、手荷物検査で引っかかったエピソードを告白「去年ぐらいなんですけれど…」サムネイル画像

8月19日に放送された日本テレビ系『世界まる見え!テレビ特捜部』に嵐・松本潤が出演した。

番組では、カナダの空港で、税関職員と怪しい旅行客がさまざまなやりとりをする様子が放送され、スタジオトークでは松本も調査の対象になったと告白するシーンがあった。

松本は「ちょっとしたことで調査の対象になるといいますか」「僕、1度あって」と切り出し、「去年ぐらいなんですけど、たまたま自分のリュックの中に塩でできた枕があって」「枕元に置いて寝ると、空気清浄してくれるみたいなこともある枕で」として、当時のことを振り返りながら、持参した枕について説明。

さらに「手荷物として検査を受けたときに『おい、ちょっと』と呼ばれて『これ何だ?』って話になって」と手荷物検査で引っかかってしまったことを明かした。

その後「これは塩の枕だ」「ソルトだ」と説明したものの、相手は「いや、ソルトじゃない」と認めてくれなかったという。さらに「ビリビリに破られて、白い粉出ているんですよ」と枕を破られてしまったと振り返り、「お前、舐めてみろ」と言われたことを明かした。

その後、松本は「僕が舐めたってソルトだと言えばソルトでしょ」と主張したところ、相手は「オレは舐めたくない」と嫌がっていたことも話し、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連記事