EXIT兼近、コンビ結成の誘いを拒否した理由を明かす「ワンチャンで良かった」

2019.8.19 20:40

EXIT兼近、コンビ結成の誘いを拒否した理由を明かす「ワンチャンで良かった」サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

8月17日、TBS系『王様のブランチ』にEXITのりんたろー。と兼近大樹が出演し、コンビを結成した経緯を話すシーンがあった。

番組中、EXITのコンビ結成秘話として、ピン芸人として活動していたりんたろー。の”チャラ男漫談”に憧れて、兼近から声をかけたことがきっかけだったと明かされた。

それに対し、りんたろー。は「5個上の先輩に話しかけてくるって相当な勇気だと思う」「『その勇気は買おう』と思ってM-1に仮コンビとして出たんです」とコメント。

仮コンビとして出場したM-1グランプリで手応えを感じたりんたろー。は「『じゃあ、いつごろコンビ組む?正式に』って話をしたら『あ、そういうのじゃないんで』って…」と断られたエピソードを話すと、兼近は「(M-1)ワンチャンで良かったんです」と発言し笑いを誘った。

そして、兼近は「小説ぐらいの長さのLINEきました。スクロールしてもしても下までいかない」「『俺がお前を日本のスターにさせるから』」として、りんたろー。から猛アプローチを受けたと明かし、2017年12月に正式にコンビが結成された経緯を話した。

関連画像

関連記事