三月のパンタシア「音楽×小説×イラスト」を連動させたワンマンライブを開催決定

2019.8.18 20:30
三月のパンタシア「音楽×小説×イラスト」を連動させたワンマンライブを開催決定サムネイル画像
三月のパンタシア

三月のパンタシアが「音楽×小説×イラスト」を連動させたワンマンライブ『18時33分、冬もまた輝く』を来年1月に豊洲PITで開催することが決定した。

ボーカリスト「みあ」による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット・三月のパンタシアは、みあが書き下ろす小説を軸に「音楽×小説×イラスト」を連動させた、三月のパンタシアの自主企画『ガールズブルー』を昨年8月に開始。

今夏の最新企画「8時33分、夏がまた輝く」は、現在みあの公式Twitterにて小説の前編が連載され、その物語の主題歌となる「いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら」がYouTube上で公開しており、話題を集めている。

そんな、三月のパンタシアが最新企画「8時33分、夏がまた輝く」をテーマにしたワンマンライブを2020年1月25日(土)に豊洲PITにて開催することを発表した。

ワンマンライブのタイトルはずばり、『18時33分、冬もまた輝く』。本公演は実際に18時33分から開演するとの事。現在、夏を舞台にとびきり甘酸っぱい青春物語を紡いでいる三月のパンタシアが、冬にどんな景色を見せてくれるのか、今から楽しみにしていよう。

チケットの最速先行は8月26日(月)12:00から三月のパンタシアの公式HPにて、「オフィシャルHP先行」がスタートする。詳細については追って発表との事なので、続報を待とう。

また、最新企画の軸となっている、みあ書き下ろしの小説「8時33分、夏がまた輝く」の後編の連載が、みあの公式Twitterにて再開した。小豆島を舞台にした、ひと夏の恋の物語。主人公の二人がどんな道を選んでいくのか、気になる方はぜひ、チェックしてほしい。

そして、みあ書き下ろしの小説「8時33分、夏がまた輝く」は、8月5日(月)よりサービスが始まった、小説プラットフォーム「LINEノベル」でも作品の公開がスタート。

最新作「8時33分、夏がまた輝く」に加え、過去の作品も一挙に公開されているので、思う存分、三月のパンタシアのみあが紡ぐ、青春世界を楽しんでいただきたい。

その他、随時更新される情報については、三月のパンタシアの公式HPを確認してほしい。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254