セカオワFukaseがステージから転落も無事報告/辻希美、13年ぶり加護亜依とのテレビ歌唱記念2ショット公開【週間ニュース】

2019.6.29 19:00

セカオワFukaseがステージから転落も無事報告/辻希美、13年ぶり加護亜依とのテレビ歌唱記念2ショット公開【週間ニュース】サムネイル画像

SEKAI NO OWARI

この1週間にも様々なニュースがあった。その中で話題となった主な音楽やアーティストに関連したニュースをピックアップし、2回にわたってお伝えする。

◆セカオワFukaseがステージから転落も無事報告
6月22日、SEKAI NO OWARIのFukaseが、ライブ中の転落事故と無事を報告した。Fukaseは、自身のInstagramにて「昨夜、ライブ中にステージから転落してしまうというハプニングがありましたが、幸いな事に目立った外傷も無く、念のためCTとレントゲンを撮りましたがどちらも異常はありませんでした。」と、前日に開催された「LIVE TOUR 2019『The Colors』」の埼玉県・さいたまスーパーアリーナ公演において、ステージから転落したこと、大きな外傷や検査で異常がなかったことを報告した。また謝罪の言葉を綴り「ただ、お医者さんからも言われたのですが、1.5mとはいえ転落すると非常に危険なので、これからもメンバー共々気を付けていきます。」と、今後の配慮についても記していた。

◆辻希美、13年ぶり加護亜依とのテレビ歌唱記念2ショット公開
6月27日、辻希美が加護亜依との2ショットを公開した。26日にテレビ東京系で放送された「テレ東音楽祭2019」に、加護亜依とのユニットW(ダブルユー)として出演した辻。27日に更新した自身のブログで「昨日はテレ東音楽祭を見てくださった方ありがとうございました」と感謝の気持ちを記した。そして「ひなフェスでは一緒にパフォーマンスしましたが、テレビであいぼんと歌うのは13年ぶりで想像以上に緊張しましたが!! !!」「夢のような時間で 最っっっ高〜に楽しかったです」と番組出演を振り返り、「もぉ〜ね、あいぼんパワーは凄いよ」「出る前はめっちゃ緊張していたのに『あいぼんが一緒』っていう事で凄く安心して本番を終える事が出来ました」と、加護との13年ぶりのテレビ歌唱を楽しんだ様子を綴った。あわせて「13年ぶりな感じとかも全くなく 皆様に暖かく見守って頂けた事…本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです」「本当に私たちにまた夢のような時間を作ってくださりありがとうございました」と改めて感謝の言葉を述べた上で「また2人でダブルユーとして皆さまの前に立てるように日々頑張って行きたいと思います」と決意も語っていた。

関連画像

関連記事