ドラマ「愛してたって、秘密はある」や舞台ミュージカル「刀剣乱舞」でも好演中!人気急上昇の佐伯大地 に注目【インタビュー】

2017.9.17 20:00

ドラマ「愛してたって、秘密はある」や舞台ミュージカル「刀剣乱舞」でも好演中!人気急上昇の佐伯大地 に注目【インタビュー】サムネイル画像

今、テレビや舞台で活躍している俳優・佐伯大地さん。現在放送中の日本テレビ系ドラマ「愛してたって、秘密はある」でも刑事役を好演しており、今年の秋には大人気のミュージカル「刀剣乱舞」にも出演が決定しています。

E-TALENTBANKでは、今大注目の俳優・佐伯大地さんに仕事やプライベートについてたっぷりインタビューしました。

ドラマ『愛してたって、秘密はある』の撮影現場のウラ話も

ドラマ「愛してたって、秘密はある」や舞台ミュージカル「刀剣乱舞」でも好演中!人気急上昇の佐伯大地 に注目【インタビュー】画像43281

ー現在放送中『愛してたって、秘密はある』では刑事役を演じられていますが、どのような役か教えてください。

そうですね。ドラマがとてもシリアスな分、僕たち刑事コンビは一ノ瀬刑事が真相に迫り、井上は誠実に頑張るが、ずれている、おばかな脳筋刑事(脳ミソ筋肉刑事)という感じで、ドラマの中では少しクスッとして頂けたらと思いながらシーンを作ってます!

ースリリングな内容が話題になっている本作品ですが、佐伯さんはどのように感じられていますか?周りからの反響はありますか?

このドラマは謎が謎をよんで、次週どうなるのだろうと、僕自身も台本があがるたびに毎回気になっています(笑)。真相に徐々に迫っていく中で僕たちは刑事として関わりを持つということが純粋に楽しいですね、でも井上刑事はわかっていないのでしょうけども(笑)。

反響は大きいですね、共演者の方々がそれはそれは豪華なので、僕にとってとても勉強になる現場です。

ー撮影現場での共演者の方との楽しかった、大変だったエピソードがあれば教えてください。

矢柴(俊博)さんとは、撮影が始まってからすぐに、親しくさせていただき、シーン作りも引っ張っていただいています!特に井上に突っ込んで下さったりと、台本にない部分をやった後に、似たようなやりとりが次の台本に書かれてた時は嬉しかったです。

それから鈴木保奈美さんに「佐伯さんは背が高いのに腕が短めですね。」と優しく言っていただきました(笑)

舞台での俳優仲間たちは「みんなちがう個性を持っていて…」

ドラマ「愛してたって、秘密はある」や舞台ミュージカル「刀剣乱舞」でも好演中!人気急上昇の佐伯大地 に注目【インタビュー】画像43283

(c)ミュージカル「刀剣乱舞」製作委員会

−秋には、ミュージカル『刀剣乱舞』 2017年秋 新作公演が控えていると思いますが、こちらで演じられる岩融について、どんな役か、また、自分と似ている部分とそうでない部分があれば教えてください。

岩融は武蔵坊弁慶が振るっていたとされる薙刀なので、豪放磊落でありながら品がある面も持ち合わせているので、戦いの時はあんなに荒々しいのに達観して、周りを見ているようなギャップもあるように思います。
僕自身岩融というキャラクターの男らしさに、魅力を感じています。
彼に負けないよう引き続き頑張ります。

−久しぶりの岩融役となるかと思いますが、今回の意気込みをお聞かせください。

もう岩融はある意味もう一人の自分と思うくらい、しっくりときているので、あとは思い切りやるだけだと思ってます。今回の作品は特に、どれだけ自分が岩融として楽しめるかだと思うので、今まで積み上げて来たものに、更に色んな想いを乗せて届けたいと思います。

ー仲の良い刀剣男士の方がいらっしゃれば教えてください。

みんな本当に仲がいいんです。特に僕ら阿津賀志組(ミュージカル「刀剣乱舞」〜阿津賀志山異聞〜に出演したメンバー)は仲がいいですね。みんなちがう個性を持っていてバランスがいいんだと思います。

(佐藤)流司は周りのみんなを率先して引っ張ってくれて、舞台上では実力で魅せてくれます。崎山(つばさ)さんは、本当に周りを見てくれていてて、頼もしいです。北園(涼)くんは優しくて歌が上手く、ハイトーンボイス。(大平)峻也くんはとにかくかわいくて癒されます。
(黒羽)麻璃央くんとは他の仕事でもよく一緒になるので本当に沢山のことを話しましたね。

俳優人生のターニングポイントは「ほぼ全作品」

ドラマ「愛してたって、秘密はある」や舞台ミュージカル「刀剣乱舞」でも好演中!人気急上昇の佐伯大地 に注目【インタビュー】画像43284

ー佐伯さんが俳優を志したきっかけはなんですか?

映画館が好きで映画館に関わる仕事がしたいと思ったのがきっかけです

ー俳優人生のターニングポイントになった作品などがあればお聞かせください。

ほぼ全作品ターニングポイントだと思います。そう思ってると本当に毎回毎回素敵なお仕事と出会いが舞い込んでくると思っていて、けれどやはり最近だと刀剣乱舞に出演したことで、みてくださる方の数がとても増えたので、みてもらうことに対しての考え方はガラッと変わりました。もっともっと責任感を持って丁寧にやらなければと思いました。

ードラマや映画、舞台にと幅広く活動されていますが、佐伯さんから見た、ドラマや舞台の違いを教えてください。また、両者で意識して切り替えていることはありますか?

根本は変わらないと思うのですが、今の僕にははっきりとはわからないということが正直なところです。
なので全くちがうものと捉えています。舞台は舞台稽古があり、毎回2時間弱を板の上で過ごす。その時間は嘘ではなく本物なので感情は動きやすいし、出て来やすい。けれど映像は順序も違えば、同じことを何度かしなければならないことが多いので、舞台よりも感情をコントロールして、瞬時に出せる、心の瞬発力が大切で、それがとても難しいということが今1番の僕の悩みでもあるかもしれません(笑)。

ーお休みの日は何をされていることが多いですか?また、理想のお休みの過ごし方に必要な期間と何をしたいなどはありますか。

ジムに行き、銭湯に行き、映画館で寝ちゃうのが好きです(笑)。僕は好きな映画を何度も見るのが好きなのですが、2.3回目は途中で寝てしまう時もあるんです。それがなんとなく好きでよく休みの日はそのルートで過ごすことが多いですね。
温泉にゆっくり行くのもとても好きです。

ドラマ「愛してたって、秘密はある」や舞台ミュージカル「刀剣乱舞」でも好演中!人気急上昇の佐伯大地 に注目【インタビュー】画像43285

ー7月には佐伯さんのお誕生日などのイベントもありましたが、今年の夏はどう過ごされましたか?また、どんな夏でしたか?

夏らしいことしたかな…(笑)
ですが、今年は初めて誕生日のイベントをさせていただき、沢山の方とたくさん笑って過ごせた事が何よりの夏の思い出でした。これからももっともっと頑張ろうと強く思えた1日になりました。

ー最後にファンの方へのメッセージをお願いします。

沢山の方にもっと見ていたいと思っていただけるような、俳優、男性になれるよう、頑張っていこうと思いますので、これからも何卒応援の程宜しくお願い致します!