【絶賛迷走中】リンジー・ローハン、今度はロシアで大暴れ

2016.10.7 23:37

【絶賛迷走中】リンジー・ローハン、今度はロシアで大暴れサムネイル画像

かつてのパリス・ヒルトン、ブリトニー・スピアーズと共に、元祖お騒がせセレブの1人だった(はずの)リンジー・ローハン。年齢を重ねると共にパリスやブリトニーが比較的落ち着いてきた一方で、リンジーは30歳になった今も“現役”のようだ。

この7月まで、ロシア人富豪を父親に持つイゴール・タラバソフ(22歳)と婚約していたリンジー。9月には彼の母国ロシアを訪れたのだが、そこでもやりたい放題だった。首都モスクワのクラブではある女性に対し、自分のスマホを盗んだと激怒しては放送禁止用語を連発。しかもクラブから請求された金額をその女性に支払わせろとゴネていたという。なぜか当時のリンジーには支払い能力がなかったため、結局リンジーの仲間が肩代わりしたそうだ。

ロシア滞在中にはトーク番組にも出演したリンジー。彼女はその中で同国のウラジミール・プーチン大統領を“尊敬”しているとコメント。番組ではさらに、元婚約者のイゴールが交際中に何度も暴力を振るってきたのでアザを(化粧で)隠さなければいけなかったことや、経済的に彼をサポートしていたので婚約指輪もリンジー自ら購入したという爆弾発言も飛び出した。後者に関してはイゴール本人が完全否定し、法的手段も辞さないとしている。

リンジーはその後、トルコのイスタンブールへ。現地ではシリアのアレッポから逃れてきた難民が入院する病院を訪れ、彼らを激励したのだが、そのアレッポを空爆しているのはなんとロシア…(注:アレッポは現在、シリア政府と反体制派、ISISらによって内戦状態にある)。ゴシップメディアの中には「(同じくシリア難民キャンプを訪れたばかりの)アンジェリーナ・ジョリーの真似をしているのか」と揶揄するところもあった。

私生活では相変わらずネタを豊富に提供しているリンジーだが、肝心の女優業は停滞気味。彼女の迷走は今後も続きそうだ。

写真:(c)Photoshot / ZetaImage

関連画像

NEWS RANKING ニュースランキング